十一代 高取静山


略歴



1907
年   福岡県に生まれる。


1957年   取焼鼓窯再興。


1961
年   東京日本橋三越本店にて初個展。


              取焼宗家 十一代静山を名乗る。 


1967年   初代八山と妻 志らとの墓を白旗山窯より鼓窯へ移      
      
      す。


1973年   ソウル新世界百貨店において親子展開催。


1976
年   韓国に初代八山の生地を訪ねる。

1977年   「炎は海を越えて」を執筆し、韓国を

      はじめ海外より弟子を迎え作陶技術を伝える。


1983
年   没。




中興の祖といわれる所以




代々、筑前黒田藩の御用窯として続いていたが、9代目清次郎の時


廃藩置県により、お殿様とともに窯を閉じた。


10代目富基は、窯の再興を手掛けるが、志半ばにして病に倒れ、


11代目静山がその想いを果たすため、秘伝書を紐解いて一からはじめ再興を果た

す。



                      戻る